出産報告はがき@ランキングNAVI


出産方法



出産方法 帝王切開での出産 帝王切開での出産 母親(母体)の膣を通って生まれる場合を経膣分娩と言う。近代以前のお産は全て経膣分娩(経膣自然分娩)であった(経過については分娩参照)。 計画分娩 母子の状態、あるいは出産する病院の都合などから、自然に陣痛が来るのを待たず、陣痛促進剤を用いて計画的に経膣分娩を行う場合がある。促進剤が効きすぎて母子に害が及ばぬよう、分娩監視装置をつけて十分注意を払う必要がある。 帝王切開 産科学が発達すると帝王切開による分娩も可能となった。自然分娩ではリスクの高くなる分娩、たとえば骨盤位、児頭骨盤不均衡、常位胎盤早期剥離や前置胎盤の場合などに、帝王切開が適用される。一度帝王切開で分娩した場合、陣痛(子宮収縮)による子宮破裂のリスクを回避するため、次回も帝王切開を勧められる。ただし母児の状況によっては、「帝王切開後の経膣分娩」(VBAC: Vaginal Birth After Cesarean) が可能となる場合もある。 陣痛 陣痛とは、出産を前に子宮がくり返す規則正しい収縮のこと。またそのときに母体が感じる痛み。初期には間隔も長く、「腹が張る」「硬くなる」といった程度だが、お産が進むに連れて間隔が短くなっていき、収縮の度合もきつくなり「痛み」を認識するようになる。 最も強い段階では、俗に「障子の桟が見えなくなるほど」と形容され、妊婦がパニックを起すこともある。しかし感じ方には個人差が大きい。またラマーズ法(Lamaze Technique)その他による精神・肉体両面の準備があればある程度、感じ方を軽くすることも可能である。 全く痛みを感じずに分娩を希望する場合は、「硬膜外腔麻酔」による「無痛分娩」を選択することになるが、すべての症例において完全な除痛を達成できるわけではない。



出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』



[PR] 人間ドック 白内障 ピーリング ピラティス 二重まぶた プラセンタ 包茎 ボトックス ゴルフ場 検索 激安 ブランド


Copyright (C) 2007  出産報告はがき@ランキングNAVI All Rights Reserved.